ダンベルを使ったダンベルクリーンで、身体全体にしっかりと刺激を与えていこう!

ダンベルクリーンで全身を鍛える

全身を鍛えられるお得なトレーニング方法を知っているでしょうか。 ダイエットにも絶大な効果を発揮してくれてなおかつ全身を刺激できるとあれば、それはかなり魅力的に映るものでしょう。

全身を鍛えられるトレーニング…それはダンベルクリーンです。

【ダンベルクリーンがもたらす効果とは】

ダンベルクリーンは、突発的に身体の全身の筋肉を使用するトレーニング方法です。全身の筋肉をトレーニングによって一気に使うことで、実に効率良く全身の筋トレをすることが可能なのです。

大臀筋、肩、ハムストリング、腰、さらに体幹を含んだ全身への強力なアプローチができるトレーニングだと言えます。 全身をくまなく鍛えることによって、全身の筋肉が強化されることは勿論、全身の筋トレをすることにより通常よりも遥かに高い筋トレ効果が期待できます。さらに代謝アップや、引き締め効果も格段に上がるでしょう。

ダンベルクリーンで使う道具は1つしかありませんし、さらに1つの動きだけをしていくというとても簡単なやり方です。〝短期間で効率良く身体を鍛えたい〟と考えている人にまさにぴったりなトレーニングなのです。

ダンベルクリーンで全身を鍛える

【ダンベルクリーンのやり方】

1…ダンベルを両手に持った状態で、両足首を肩幅程度に開いて立ってください。 次にスクワットをするイメージで膝とお尻部分をゆっくりと曲げていきます。最終的に手に持っているダンベルが床に当たるまで腰を下ろしましょう。(トレーニングのバリエーションとしては、ダンベルを床に付けないようにするパターンもあります。)

これがダンベルクリーンのスタートポジションになります。

『ダンベルクリーンのスタートポジションの画像』なし

2…最初の段階で曲げていたお尻や膝、さらにかかとを一息に伸ばします。ここでこれらを立ち上げていくのと同時に、肩をすくめた状態にして持ち上げていき、ダンベルを肩の上に固定するようにして受け止めます。 そこからさらに膝を伸ばしていき、限界までいったらそこで何秒か静止させましょう。そこでダンベルを下ろして最初のスタートポジションに戻りましょう。

【ダンベルクリーンをする回数】

ダンベルクリーンの回数としては10回×3セットを目安にしてください。

【ダンベルクリーンをする時の注意点とは】

◯ダンベルクリーンのポイントとしては、勢いをつけてトレーニングすることです。 ダンベルを持ち上げる時も、腕の力を使って持ち上げるというよりも、爆発的な全身の筋肉の力(特に意識するのがお尻の筋肉です)を出すというイメージで行いましょう。

◯ダンベルクリーンの動きの中には、スクワットの動作が含まれています。スクワットをしているのと同じイメージで、足の裏でしっかりと地面をとらえてください。さらに膝を曲げて、下半身の筋肉をたっぷり使いながら立つようにしましょう。

◯ダンベルクリーンをしている間、ダンベルが身体から離れてしまわないように意識しましょう。常にダンベルが身体の近くにあるようにしてくださいね。

◯ダンベルの代わりにバーベルを使用するトレーニング方法もあります。

◯ダンベルクリーンを行う時には、ダンベルが手から抜けて落ちてしまわないように最新の注意を払いましょう。

◯立ち上がってダンベルを上げていく時には、ぎっくり腰には注意しましょう。しっかりと体幹が固定されていることを確認しながら行いましょう。

ダンベルクリーンはとにかく効率的で、トレーニングによる効果も絶大なのでぜひマスターしましょう。 毎日の筋トレメニューも、時短や効率化を図ることでさらに効果が期待できるかもしれませんね。

全身のトレーニング記事一覧

全身トレーニングのダンベルクリーン

全身を使ったトレーニングのダンベルクリーン

全身を鍛えられるお得なトレーニング方法を知っているでしょうか。ダイエットにも絶大な効果を発揮してくれてなおかつ全身を刺激できるとあれば、それはかなり魅力的に映るものでしょう。全身を鍛えられるトレーニングそれは・・・
バーベルを使ったハイクリーン

ハイクリーンで全身をくまなく筋力アップ

「とにかく徹底的に全身を鍛え上げたい」「もっともっと力を付けて強くなりたい」と考える方には、全身を徹底的に使うハイクリーン(パワークリーンとも呼ばれます)がぜひオススメです。ハイクリーンは全身をくまなく鍛え上げ・・・

皆が選んだパーソナルトレーニングジムの口コミランキング

パーソナルトレーニングジムのよくある質問